カードローンのキャッシングを利用した体験談

私が生まれて初めて利用したキャッシングは、ある大手都市銀行のカードローンでした。初めてローン商品に申込み手続きをして審査に通った時は、非常に嬉しくてホッとしました。そしてキャッシング専用のカードを受け取った時には、何だか自分も一人前の社会人になれたような気がしたものでした。
それから実際に銀行のATMでキャッシングを行って現金を手にした時は、その手軽さにびっくりしたことを覚えています。何しろ自分の口座から預金を引き出すのと、基本的には同じ操作で現金が出てくるのですから、何一つ難しいことなどはありませんでした。
しかし、その代わり、あまりにも簡単に現金が手に入ったので、自分が借金をしたという自覚が希薄になってしまうような気もしました。たとえ簡単に手に入れたように感じるお金でも、借金は借金です。借りた後には利子を付けて期日までに返さなければなりませんので、その自覚はしっかりと持つように心掛けました。
いずれにしても私にとって初めてのカードローンおすすめとは、自分の口座から預金を引き出しているかのように錯覚してしまいそうになったことが強く印象に残っています。また、そのような錯覚は、ひょっとしたら私以外の多くの人も感じているのではないかと思います。
とにかく、そのような錯覚には私は今でも気を付けるようにしています。そうでないと、返済に対する心構えが甘くなってしまうような気がするのです。安全で確実な返済のためには、油断は禁物なのです。

関連記事